息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

器用貧乏


私は典型的な器用貧乏です。

趣味や、習い事とか、色々やってきたけど、全部中途半端。

 

昔はそんな自分がすごく嫌で、

「私○○やってました」なんて話は限られた人にしかしませんでした。

 

でも最近は、そんな中途半端な経験でも、

これからの自分の趣味になりそうで、(というか趣味で)

やっててよかったな〜って思います。両親に感謝。

 

例えばネイル。

ネイリスト検定に受かって、アルバイトくらいならどこかで働けるけど、

サロンを開けるレベルではない。

でも今になって、セルフジェルネイルが楽しくて、

育児の合間の楽しみになってるし、家計の節約にもなる。

 

あと、10年ほど続けていたエレクトーン。

先生になれるところの一歩手前で、受験勉強を優先するために辞めてしまいました。

でも、出産後、子供の前で色々演奏してあげたところ、

主人から本当に尊敬されました。笑

活かすことのなかった「絶対音感」を、ここで発揮できるとは。

 

そしてダンス。

幼稚園の頃からなぜかよく踊る子で。

高校生からちゃんとダンスを始めて、大学生でも続けて、

社会人でもたまに習いに行っていたけど、抜群に上手な人ではなかった。

でも、このおかげで、ライブ、映画、ミュージカルやディズニーのショーなどでダンスを観る楽しみがあって、特してるなーと思います。

そして何より、ダンスのおかげで主人に出会えました。

お互いダンスはもうしないけど、共通の趣味だったことはとても大きい。

 

 

他にもちゅーーーーーーーとはんぱな趣味がありすぎて。

 

絵を描くことが中途半端に好きだったり、

お花が中途半端に好きだったり、

水泳が中途半端にできたり。

 

 

こんな人生を歩んだ結果、社会人としての自分もすっごく中途半端。

(ここだけはこのままではいかんと思うので、ちょっとこれからのことを考えているところ・・・。)

 

 

で、ブログを急に始めたきっかけも、

仕事柄、原稿を書いたりリライトすることがあって、

ライターさんに頼むより自分が書いた方が早いことがあり、

「これって、ちゃんとがんばればスキルになるなー」と

また中途半端に思っていたのです。

 

文字で考えを表現するって、本当に慣れと経験と継続することが必要で、

書かないでいると、書けなくなってしまいます。

 

採用のお仕事をしていた時に、文字にしたり、修正したり、校正することがあって、「私慣れてる!」と思っていたのに、

今の仕事で書くことになった時、全然書けなくて。

 

これではいかんと思って急にブログを始めてみました。

 

他でもふざけた育児ブログとかやってるけど、

こっちでは、あえて「身近な人が見てるかもしれない」

という環境の中でやってみることにしました。

 

 

目的は自分の考えを文字にする練習。あんまり深い意味無し。

 

あ、結局中途半端やん。

 

 

本当にたいしたこと書くつもりないので、

誰もふれないでー。

 

 

今日の子どもは比較的すんなり寝てくれて幸せ。

おやすみなさい。

広告を非表示にする