読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

育児休暇復帰後は赤字覚悟で。

育児のこと

子どもが高熱を出し早退。

病児保育はお盆でやってないので、明日はお休みするしかないようです。

ていうか、熱でだいぶぐったりしているので、ゆっくり一緒にいよう。

しんどそうなのが可哀想。早く治るといいな。


子どものこととはいえ、お休みしなければならない時、色々申し訳なく思います。



育休から復帰する時に、

保育園が高い・・・

認可保育園に入れなかったから出費がかさむ・・・

病気の時のシッターさんが高い・・・

 

などなど、預けるにあたっての金銭的な悩みがありました。

 

私個人の意見だけど、

復帰するにあたり、金銭面は一旦あきらめています。

 

そもそも子育てと仕事を両立するということは覚悟が必要なので、

(子供と接する時間が減るということ、子育てをしていても、社会人として給与をもらう立場だということを理解しておくこと。)

子供との時間を減らしてでも実現したい何かがあると、腹をくくる必要があります。(お金が必要、とか)


また、一年ほどお休みをもらったので、まずは会社に貢献して信頼関係を築かないといけないのだと思っています。

 

もちろん、もともと育休に入る前に、会社との信頼関係を十分に構築してあるのが大前提だと思います。じゃないと、帰って来て欲しいって思ってもらえないからねー。

(理想を言えば妊娠する前に自分の目標とするキャリアを形成しておく方がいい。。出産してから出世するのはハードル高すぎて凹むから)

 

 

で、

復帰してから、今日の私みたいに、子供の体調により休むことがあるし、

迷惑をかけてしまうことが多々あります。

 

でも、微妙なラインってあるんですよね。

 

熱はあるけど機嫌がいいし、つきっきりにならなくてもなんだか大丈夫そう・・・

ほぼ治ってるけどまだ集団生活は不安・・・

 

そんな時は病児保育、病児シッターなどに預けています。

出費は痛いです。

シッターさんは1時間あたり2,00円なので、1日お願いしたらそれだけで2万とか。

自治体の実施する病児保育が運良く予約できれば2〜3000円以内です。

病児シッターはフローレンスさんなら月8,000円で1回利用できます。

こういった制度をしっかり事前に調べて、あらゆる場面を想定しておくことが、

会社に対する誠意だし、責任だと思います。

 

そのうえで、休まなければならない場合は休めばいいし、

がんばれる場合はがんばる。

そういう姿勢を会社に見せるかどうかが大切だと思います。

 

 

給与をもらっているということは、

自分の事情に関係なく、それに見合った成果を出すことがやっぱり基本。

 

子供がいるから・・・を言い訳に様々なことを許してもらいたいなら、

その分給与もカットすべきだと思う。

 

厳しいかもしれないけど、そういう姿勢でないと、

これから出産などをしていく後輩にも、

「子育て中の社員は特別対応してもらえる」と思われてしまう。

そして、自分の番になった時に、同じような主張をするようになります。

「○○さんの時もそうだったじゃないですか」と。

 

改めて、社会人とはどういうものかを考えて、

子育てしていると迷惑をかけてしまうことがある事実は冷静に受け止め、

最大限それを回避しようとする姿勢を見せ、

そのためには赤字になっても最悪仕方ないということを覚悟しないといけないなと思いました。(ずっとは無理だけどね涙)

子どもの体が丈夫になってくるまでは、それで乗り越えるしかないなと。

 

かといって、頭を下げながら肩身の狭い思いをする必要は全くないと思います。

そういう気持ちになってしまう人がまだまだたくさんいるので、

そこはなんとか変えていけたらいいなと漠然と思っています。

 

そもそも時短勤務などで時間の分は給与がカットされているんだから、

それ以上申し訳ないと思う必要は基本的にはないかなと。

(お休みしてしまうリスクなどは上記に書いたことでなるべく回避すればなんとかなります。そもそも自己管理がなってない独身社員だっているんだから、なんとかがんばれば姿勢くらいは伝わる。)

 

さらに、勤務時間が短い中でパフォーマンスがあがっているのであれば、

普通の社員より優秀ってことになるよお母さん。(誰)

 

早くその域に達して、会社に貢献して、

信頼貯金をまたためていくようにがんばろうと思います。

 

 

1つだけ愚痴を言えるとしたら、

こういう悩みや覚悟について、父親は無関係ってことがかなり多いこと。


いいよね、子どもの事気にせず飲みに行けて。


 

 

おやすみなさい。

広告を非表示にする