読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

0歳児の育児で身に付く、仕事に活かせる経験

育児のこと

0歳児の育児で、仕事に活かせる経験があるとしたら・・・と考えたところ、

結構ありました。

 

逆に言うと、社会人経験があれば、0歳児の育児も乗り越えやすいとも思う。

 

  • 相手の要求を想像して対応する力

0歳児は泣くことしかしません。

この様子から、「おむつ」「授乳・ミルク」「抱っこ」「眠い」を、

判断して対応する必要があります。(無理難題。)

大体、なんで泣いてるかわかんないので、

「あー違ったねー」なんていいながら、色々やりつくして結局、

「分からんやないかーい」(髭男爵)ってなるのがデフォルト。

 

でも、1日のスケジュールからして「次はこれかな?」など、

現状を把握し、次の状況を想定しながら対応する力が身に付きます。

何をしたらいいかを考え抜いて試していく力も身に付きます。(なんか大げさな書き方だけど)

 

 

  • 想定外のことに冷静に対応する力

0歳児の育児では、「想定外のことしか起こりません」

おむつをスマートに替えるなんて無理。大体うんち漏れてます。

泣き止まない時は泣き止みません。しかも飛行機内とかで。

離乳食、急に食べなくなります。ひっくり返されます。「一生懸命作ったの☆」なんていう母の愛は通用しません。

書ききれないくらい想定外のことしか起こりません。

 

そんな時でも、冷静な気持ち(というか無の心)で対応し、

次にどうしたらいいのかを考えることができるようになります。(悟りの境地で)

 

 

  • 勤務時間24時間に対応できる体力 

深夜2時間夜泣き継続、朝4時赤子起床活動開始、お昼寝したかと思いきや30分で終了など、0歳児(顧客)のタイムスケジュールは決まっていないので、24時間勤務が求められます。(ほぼママ一人体制で)

シフト制ではございません。有給休暇もございません。

最初の半年くらいは会陰切開の痛みや、痛む腰、骨盤などを抱えてのスタートです。

乳腺炎がたまにオプションでついてきます。

 

 

  • 見返りを求めず努力できる精神力

何かしたからって赤ちゃんはお金をくれたりしません 笑

精一杯の笑顔をくれることもありますが、基本的には「無償の母の愛」という初期装備のみで戦い続けることになります。(たまに、「地方から出てきたばぁば」や、「お金を分け与えるじぃじ」という必殺技を使用できますが)


もちろん、企業戦士である「主人」にも期待しません。彼は彼で一生懸命なので、

求めてしまうとそれはそれで申し訳ない時もありますし…。


そんな環境の中で、「私がやらなきゃ誰がやる」という使命感と共にどんどんタフになっていきます。

 初期装備のままラスボスまで倒せるくらい強くなります。


 

これらすべての力を、仕事に活かすっていうのはまたちょっと違うかもだけど、

結構やってることは普段の仕事と同じようなことで、

相手が「赤ちゃん」ていう感じ。

 

超VIPクレーム顧客を仕事もよく分からぬ新人が担当したというイメージ。

(ほんと、仕事内容しらないのにいきなり旅行代理店のカウンターで接客する。みたいな)


やったことが報われないことばかりだし、(生まれて来てくれただけでママはもちろん幸せだよ☆)


精神的にも体力的にも大変だけど、


すごいいい経験したなって。自信になります。

 

だって、普段の仕事なら、言葉が通じるんだもん!!

 

 

こんな0歳児の育児の経験、

ママだけに限っているのはもったいないので、

ぜひパパもインターンとかでいいので参加してください。

(たぶんこれが言いたいだけ)

 

 

 

おやすみなさい。

広告を非表示にする