読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

不妊治療>育児>妊娠中>仕事


 
色々考えてやっぱりこの順番で大変でした。という順番。
 
 

不妊治療は、金銭的、体力的、精神的にきついです。

まだ30歳では、そんなに妊娠に困る年齢ではなかったけど、色々あって大変でした。
 
 
 
働かなくては治療費が出せない、
将来の子どものためのお金がどんどんなくなる、
治療ではホルモンの作用をコントロールしたり、
全身麻酔の手術も結構な頻度でやってたし。
毎月排卵日あたりは注射毎日朝イチで通い、色々とフラフラでした。
 
そして、そんな状態で健康な精神はなかなか維持できず、
周りに理解してもらえる人が多いわけではなく、
そもそも「子ども欲しい」って、
個人の事情で、仕事と関係ないよね。
 
ということで、
あまり話せる人がいるわけでもなく。
 
そして、「理解してよ」と言い続けるのもなんか申し訳なく。
 
 
そんな日々を2年は費やしたでしょうか。
よくやったなーと思います。
金銭的にも、体力的にも、精神的にも。
 
 
 
そして、
妊娠中も意外と大変で。
妊娠糖尿病になってしまい、
インスリン投与はしなかったけど、
仕事しながら血糖値を図るために毎回出血させてて。
(そんなに痛くないけど、やってるとこ見られると痛そうに見えるので申し訳なくなる)
 
つわりもきつかったし、なんせ東京の電車ラッシュは大変だった。
新宿で、テンションの高い若い子の妊婦への突進はびびったよ。(周り見えてないよ!若い子よ!)
 
 
 
でも、妊娠中の大変さより、
育児の方がだいぶ大変だった。
初めての育児、里帰りせず産んだこと、
育児が辛くて、泣きながら帰ってくる夫をひたすら待ったこと、
産んだ瞬間から眠れない日々のこと、
胆嚢炎になったこと、授乳できなくなると泣いたこと…
 
 
 
こんな日々に比べると、
仕事が一番楽です。
 
 
 
仕事の難易度が低いってことではありません。(そこにはそれなりの大変さがあります)
 
 
精神的にも、体力的にも、気持ちが楽で、楽しくできているってこと。
(伝わるかわからんけど、もちろん仕事もそれなりに大変だけど。)
 
 
 
自分のタイミングでお手洗いに行き、
自分のタイミングて好きなお昼ごはんが食べられる。
仕事を面白いと思える環境がある。
 
 
 
妊娠中は食事の制限きつかったしな〜
育児中は自由にご飯食べられることあんまりないし。
治療中は精神面ボロボロだったし。
 
 
 
 
そんな色んなことを超えてきた自分は、
今人生史上最強に心が強いです。
 
 
 
 
我今人生史上最強心強。
(漢語みたいにしてみた。全然なってないけど。)
 
 
 
 
ありがとう、隣で寝てる息子くん。
あなたのおかげ。
あと、私を支えてくれたたくさんの人達のおかげ。
 
 
 
 
 
私、強くなったよ、お母さん!
支えてくれてありがとう。
 
実家に帰ってた間、母に言ってみたかったけど、
言えなかったから、ここで言うよ。(絶対伝わらん)
 
 
 
 
 
 
おやすみなさい。
 
 
 
広告を非表示にする