読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

ネガティブの反対は没頭


オードリー若林さんの本に記載されてました。

 

 

ポジティブになろうとするからしんどいと思うんでしょうね。

 

私自身は産後、育児において凹むことはあるけど、本当に気持ちがポジティブな人間になったなーと思うので、

あまりネガティブな自分に困る事もないけどもー。

 

没頭するっていうのはとても大事。

 

余計なこと考えないし、

何かに集中する間って、ネガティブにはなってない。

 

 

ただ、自分が没頭するものを、

仕事にできればいいのだろうけど、

世の中そういう人ばかりではないですよね。

 

そういう時は、

会社とか、組織とかが目指しているビジョンや、自分が求められている事と、

自分のやりたい事の目標を、

できるだけ近づけられるように、

意味付けできるといいなと思っています。

 

 

新社会人とかは、仕事場でやりたい目標って、急に決められなかったりするけど、

まずはできない事をできるようにしたり、

何らかの目標を決めると思うので、

まずはそれの達成に没頭してみるといいのかなーと思われます。(他人事な言い方だけども)

 

 

学生の時、

文化祭だの体育祭だの面倒と言いながら、

それなりに体育祭の競技で燃えたりとか、何か飾り付けするのが楽しかったりとか、

なんか没頭する時間って少しでもあったと思う。(なかったらごめんなさい)

 

 

これがやりたいんじゃない、

でも、何がやりたいか分からない、

 

 

っていう時は、

まずは自分が、会社から求められていることに没頭してみると、

ネガティブな自分に会わずにすむのかもー。

 

 

でも、こういう考え方って、20代前半くらいまででしょうか。

 

それ以上大人なら、

そんな事当たり前にできてないと恥ずかしいのかーもーね。

 

 

 

何かに没頭してワクワクする感じ、

こんな私にも、いくつかある。

 

 

そんなワクワクさんみたいな感じを、(NHKのあれではないよ)

もっと周りに感じてもらえて、

「そんなアラサーママ社員もいいな」と、

思ってもらいたいな。

 

 

そんな風に思ってもらえてる自分を妄想してみると、

めっちゃニヤニヤするやん!(ワクワクではない)

 

 

 

 

おやすみなさい。わくわく。

広告を非表示にする