読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

子育て支援を会社に求めるなら、自分はその結果何ができるかを考える


子育て支援のための提案(というほどたいしたことじゃないけど)を会社に相談した時、

「私達みたいなママを支援して!」
と、ならないように意識しました。
 
いろんな状況を理解してくれ、
っていうつもりではなく、
なるべく、会社に負担の無い形で、
色々してくれたら、
私達はこんな風により成果を出すために頑張れます。
 
そういう気持ちで相談しました。
 
結果的には「子育て世代」を支援する、
または守るためのものになるかもしれないけど、
 
一方的に自分達の大変さを理解して!
っていうのは、ちょっと勝手かなーと思っています。
 
 
でも、独身と同じように働けない立場。
もっと子育て中社員が、自分の力が出しやすい状況にするために、どうしたらいいのか、どういう存在であれば応援してもらえるのかを考えてみました。
 
 
  • 自分がもし経営者だったら、と視点を上げて考える
 
いつも、一度上の人の気持ちになって考えてみます。(馬鹿なのでなかなか頭まわらないけど。)
 
子育てと仕事を両立したい人に対して、
「支援したいな」、と経営者が思う瞬間って、どんな時だろう。
 
そう考えた時に、
・給与は産む前と変わりません。(時短なら短い分カットにはなるけど)
・子育てがあるので、今までより重たく無い仕事がしたいです。
・働く時間は短くなります。(残業はしません)
・子どもの事で急に休んだりします。
 
 
っていう人が、
「私達は大変よ、だからもっと配慮して」なんて態度だと、
なんか、じゃあ普通に働ける人を採用したいなと思ってしまう…
 
 
「子育て」と「仕事」を両立しながらも、
「もっと役に立ちたいです、成果出したいんです」という気持ちなら、
応援したいと思うし、じゃあ、どんなことならできるかな、と思うかもしれない。
 
こういう人には長く働いてもらって、まだ独身の優秀な女性社員が将来抜けないような文化になるといいな、と思ってもらえるかもしれない。
 
 
  • 子育てとか関係なく、全社員にとっていい仕組みになるかを考える。
 
子どもいるだけで、「優遇」に見えすぎると、敵が多くなるしさ。
 
この仕組み、子育てとか関係なく、
皆に取り入れるといいんじゃない?
と、考えてみるのがいいなと思いました。

そうなれば、子持ちだから毎日申し訳なく過ごす事も減るし、いい方向へ向くかもしれない。

そういう提案ができるとベストですよね〜。

P&Gさんの在宅勤務とか、全社員対応だしな〜。あーいうのがあるといいのかも。

 

 

 
残念な事に、こうやって頑張りたい人ばかりじゃない。
適度に仕事して、育児と両立させて、そこそこでいい人もいる。
そういう人と、一緒にされないように、自分の目的を伝えつつ、でも、そういう、「そこそこ働ければいいよという人達」だけが得な思いをするものにならないようにする。
 
個人的には、
育児休暇から復帰後、「そこそこな仕事でいい」態度の人は、給与減らす勢いの話をされることも将来的にアリだと思う。
 
独身の頃と同じように働けない時点で、
基本的に働ける時間の間は相当頑張るべき。
 
そこを、「育児もあるから仕事はそこそこで」、なんて言うのであれば、社会人としてお金をもらうことの重要性を忘れてると思う。
 
新入社員の時に、お金をもらうということについて、聞かなかった?と。
 
働く時間は、時短だろうが何だろうが、
前と同じ成果を出せるよう頑張るべきだし、それができないなら、ちゃんとそこは話をして、正社員じゃない立場や、給与面でお互い納得していないと、
周りから見たら「ただのいいとこ取り」に見えてしまう。
※この辺は子どもいるいないに関係なく、そこそこ働きたい人って男女共にある程度いるとは思うけど…

 

 

 

なんか色々書いたけど、

「私頑張りたいので、応援してください!」

 

 

という話。

 

 

「私達のこと分かってないよね」では、

きっと分かり合えない…。

 

 

そして、成果をちゃんと出せた時は、

相当すごいことになります。

 

時間の制約があり、

仕事以外の時間は子どもの世話という大変さをかかえ、

そんな中で結果が出せるなら、

他の人何やってんの?って強気に出れるかしらどうかしらやっぱりそこまで言ったら感じ悪いかな敵がいっぱい出来ちゃうな(小心者)

 

 

どうせ、両立は大変。

だったら、ぶーぶー言うより、結果出して、子育てママでもここまでできることを示したい。

そのために、少し、力を貸してください。

会社に、そんな気持ちでお願いしているところなのです。

 

 

 

ていうか、子育てしてようとしてなかろうと、仕事に対する意識なんて低い人は低いんだから、

子育てしてるかどうかはおいといて、

私自身のやる気や気持ちを見てください。

 

と、そもそも思うけどね。

子どもいるってだけで、厳しい立場の人もいるだろうけど、がんばろー。

負けないように私たちが次の優秀なママさんを出して行ける環境を作ろー。

 

 

 

 

 

 

おやすみなさい。

広告を非表示にする