読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

待機児童にならないための保活は「営業の仕事」みたいでした。


もうすぐ来年4月入園の申し込み書類の配布が始まったりする時期ですね。



育休中で、4月から仕事復帰予定の方で一番心配なのが、

「保育園に入れられるのか」です。

特に都心にお住まいの方。

 

私の場合、東京の保活にそんなに詳しくなく、

不安だったので、子供が生後2ヶ月頃から

区役所に行ったり、HPで調べたりを始めました。

 

すると、すでに活動が遅かったんです・・・

 

みなさん、妊娠中に予約されたり、見に行ったりしていて、

すでに復帰する4月に安心して予約できそうなところは

ほぼありませんでした。

(受付がこれからっていうところもあったけどね)

 

で、この保活って、「営業の仕事みたいだなー」って思ったんですよね。

 

目指している目標は、

・仕事復帰時期の4月に必ず保育園に入れる

・なるべく自分がここだと思える保育園に入れる

・子どもが0~1歳と小さいので、なるべく家から近いところで

でした。

 

区役所に申し込んでも、落ちるだろうという書き込みを

ネットでかなり見たので、まずは保育園の種類から調べ、

活動を始めました。

 

  • 認可保育園と認証保育園と認可外保育園があることを知る

縁のない人はちゃんと知らないと思いますが、

まずは「保育園」は厚生労働省の管轄、

「幼稚園」は文部科学省の管轄です。

 

保育園=児童福祉施設。

幼稚園=学校。

 

という区別がされています。

(だから色々あって幼稚園関係者は保育園関係者を馬鹿にしたりするんでry)

 

保育園は、その中でも、国の基準を満たした「認可保育園」、

東京都では、独自の基準で認証している「認証保育園」その他の「認可外保育園」

があります。

 

そりゃ、まずは基準を満たした「認可保育園」に入れたいとなりますが、

まずは、どう違うのか、自分の目で必ず見るべきですよね。

 

ここで、まず、保育園の種類、何が違うのか、基準とは何かなど、

責めるべき顧客の情報をちゃんと調べるという、

昔の営業での経験が生きました。

 

次からもまた、営業の仕事のようでした。


  • 保育園をリストアップして電話をかけまくる

まず、エクセルを出してきまして、

(生後2ヶ月の子供を抱きながらですよ。首座ってませんよ。)

区役所からもらった資料やHPからリストを作りました。

 

私は自分の区の中で「ここなら通える」という範囲のものをだし、リスト化。

その後、隣接する区で、「最悪電車に乗せてでもなんとか通える」という範囲を追加しました。

通えるかどうかは大事。小さい子抱えて何駅も移動はすごいきついです。

「認可」「認証」「認可外」や、次のTODOなどもちゃんとDB化しておきました。

 

で、ひたすら営業の新規テレアポのようにかけまくるんです。

今の状況や、次の年の募集や説明会や予約など。

片耳で電話を聞きながら、エクセルに情報をいれるという営業さん毎日やるよね、な、アレがここで再現されました。

(子どもは寝かしている間しかできないけど。)

 

ここで、昔の営業の経験がさらに役立ちました。

何を聞けばいいのか、漏れずに聞けるし、

時間もみつつ、効率的に電話できたなーと。(過去の辛い営業経験に感謝)

 

  • 効率的に説明会参加スケジュールを組む

様子を聞きながら、早く説明会行った方がいいところは予約するなど、

予定を入れていきますが、子どもがなんせいます。

生後2ヶ月とかです。授乳あります。

そんな状態で、しかもうちは夏前で暑くなってきたところ。

スケジュール設定は大変です。

 

ここでも、営業をしていた経験が役に立ちます。

いかに、場所に行くまでにかかる時間と授乳の時間などを想定して、

どこにいついくべきかを決められるという経験です。

(営業の時って、効率的にお客様周り必要やん。そうしないと仕事終わらんやん)

 

 

  • 説明会参加で聞きたいことを必ず聞いておく

ゆっくり説明会してくれるところや、集団でざーーっとやるところもあり、

本当に自分が確認したいことが聞けないことが出るかもしれません。

でも、よく考えてみると、自分の子供を何時間も預ける訳です。

保育園に預けて死亡した事故だってあります。

そんな簡単に決めてはいけないなと。

ちゃんと、聞きたいことをちゃんと聞いて、次に自分は何をすればいいかを確認しに行くんです。

 

ここでも営業の経験が…(しつこい)


せっかく子供を連れて、汗だくになって参加したのに、

なんかよくわかんなかったじゃ意味ないので、

ちゃんと意味のある訪問ができるようにします。

そういう意味で、私はチェックリストを作ってました。

 

・水道周りは綺麗か

・寝る時どうしているのか(確認フローは)

・一日のスケジュールはゆるいのか厳しいのか

・テレビを見せるようなことがあるのか

・大きい子と同じ部屋になる場合はどうしているのか

・預ける時間が週で多少変わる場合の対応の有無

・延長保育時の対応の詳細

・トイレトレーニングやスプーンでの食事などの対応方法

・若い保育士ばかりか、そうでないのか

 

・・・などなど。書ききれない!

このチェックリストを更新しながら、なんとか営業訪問先リストの情報を集めるわけです。(営業先ではないけども)

 

  • 入りたい保育園の優先順位を決める

認可、認証、色々まわってみて、データもためて、

実際、自分の子供をどこに行かせたいと思ったか、

ちゃんと夫婦で話します。(夫はどこでもよさそうでしたが)

ここである程度、順位を決めておきます。

立地、保育内容、認可かどうか・・・など。

 

こういう時も、データに応じて何がベストか、どういう責め方なら目標達成できるのかを決めてきた営業の経験が役立ちますよね。(誰だ)

 

  • ママ友から情報収集をする

保活の情報は、非常にみなさんナーバスです。話しません。

だって、同じところを希望すると、自分が落ちるかもしれないから。

でも、私はどこに見学に行ってどう思ったとか、話してきたつもりです。

そうすると、相手も教えてくれました。

これも、営業として重要なスキル。営業先の情報を、競合先やいろんな取引先から聞き出すのです。(保育園は営業先ではないのだけどね…)

 

そして、さらにこのままではまずいことに気付きます。

区が審査する申請のための点数が、みんな横並びということに気付きます。

 

これでは、どこに受かるかも分からないし、

もしかしたらどこも受からないかもしれない。

 

  • 絶対避けたいことにならないよう、対策します

一番避けたいのは、「保育園が無い、仕事復帰できない」です。

東京では、4月の入園ができないと、1年は入園がほぼ難しくなります。

(運が良ければ入れますが)

なので、皆さん、この1回の申請タイミングに、すべてをかけるんです。

だから、「お願い書」を付ける人もいたり、とりあえず無認可でもどこかに預けて、「待機状態」にして点数を稼ぐ人もいるし、すごいことに、一度離婚して点数を稼ぐ人までいるらしい。

 

私は0歳の間でどこかに預けることも検討しましたが、

どこも空いていませんでした。


ですが、最悪のケースを避けるために、今までの活動があります。

こういう活動をちゃんとやっていれば、どこか仮でも登録できたり、なんとか予約できるところが見つかったりします。


色々当たったうえで、1つ認証保育園の入園予約ができました。

入園予約として、2万円ほど支払いました。

無駄になるかもしれないけど、これは投資だ。そう思いました。

 

営業として、目標がなんとしてでも達成するために、

絶対こうはなってはいけないというところをちゃんとイメージして、諦めず行動するという、営業の底力が役に立ちました。(大げさだー)

 

 

結果、区に申請した保育園は全部落ち、

落ちた人で審査する保育室というところにかろうじてひっかかりました。

杉○区ですけどね。

 

予約できていた認証保育園にはお断りしましたが、

個人的には保育指針がとても素敵で、

家から近ければそっちに行っていたと思います。

 

 

保活はある程度やるべきです。

自分の子供を預ける訳なので、ちゃんと調べて行動すべき。

なので、この経験自体はいい経験だったと思うけど、

なんせ大変。

 

情報があまり得られないタイプの人や、産む時期によっては、こんなに活動せず審査に落ちてしまって、

復帰1ヶ月前に大騒ぎとかになります。

そんなの、よくないですよね。

このままではいかんと思うのですよ。


入る必要がある人が入れないこと、情報を得るために子ども抱えながらの大変な努力をしたうえで、入れる保証もない、

しかも、発表してる待機児童数正しくないしね。


児童福祉法のなんとかあたりに引っかからないの?(どこのことかは知らんけどね)

 

まずは待機児童の数え方もちゃんと23区で(いや全国で)ちゃんと統一して。

杉○区は待機児童が少ない数値だったから引っ越してきたんだ私は。

どーしてくれるんだこのやろー杉○区。

なんで1,700人も不承諾通知が出るんだ。うそつき。(でも、キャラクターのナミすけは好きだよ。)

 

そして、母もかしこくないといけない。

その点で、自分が営業の経験を少しだけだけどしたことは

本当によかったなと思います。

 

社会人で得た経験が、普段の生活に活用されたよ。

これはとてもいいことなんですよね。

働いてて、よかったと思えるから。

 

 

まーでも、生後2~3か月の子供抱っこして、

途中授乳しながら、夏になる暑い時期にうろうろして、

過酷な戦いだったなーとは思う。

夏場は、なぜか母乳出にくくなって、息子が機嫌悪くて大変だったなぁ。


 あの頃出会ったママさん、みんな本当にすごいと思った。



この頃、しかも、夜全然寝てないしね。

 

 

だから今日もしっかり寝ます。

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

広告を非表示にする