読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

誰からお金をもらっているのか忘れているように見える人たち。


先日沖縄に行ってきました。

 

私みたいな普通の人からすると、とてもいいホテルに泊まったんですが、

サービスの対応がいまいちなスタッフが何人かいました。

 

沖縄ってこんな感じだったかなー・・・

 

こうやって観光客が来てくれることで、

お金を使ってくれて、自分の住んでいる土地のファンになってくれて、

自分の給与になっていることを、あんまり自覚していないのか、

サービスっていうものが何かを考えていないのか、

なんだか微妙な気持ちになりました。


日本って、こういうほんとに基本的なサービスが

とても優れていると思っていたので、

これだったら、東南アジアのリゾートとかのサービスとそんなに変わんないけどな〜と思ったのががっかりしたところ。

(しかも、それなりにいいホテルだったわけだしー)

 

あと、自分たちの仕事も、そのサービスは誰のためのもので、

誰にどんな気持ちになってほしくて、

誰が何を思ってお金を払っているのか、

ちゃんと考えないといけないなと、改めて思ったのです。

 

当たり前すぎるけど、お客様が望んだことを下回るサービスだと、

こんなにがっかりするんだな、と思ったので、残しておきました。

 

 

 

 

 

なんか話がずれていったけど、

自分がもらっている給与は誰が払ったお金なのか、

誰のためにそのサービスがあるのか、

ちゃんと考えて、その人たちのためになっているのか考えて、

仕事しなきゃいかんですね。

 

商売ってそういうものだよねー。と。 

改めて思いましたとさ。


 

リーン・スタートアップ  ―ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす

リーン・スタートアップ ―ムダのない起業プロセスでイノベーションを生みだす

 

 

 

 

そしてこれをちゃんとまた読もう。

 

 

 

 

おやすみなさい。 

広告を非表示にする