読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

母乳育児の想い出と、混合育児のメリット


f:id:yukixxx1226:20141017225856j:plain

母乳育児・・・

妊娠中はなんとも思っていなかったこの言葉が、

産後に自分をこんなに苦しめるとは思ってもおりませんでした。

 

母乳っていうのは、出産したら誰でも出るもので、

「むしろ出すぎちゃって胸がぱんぱんで困るわ~」

みたいな状況を想定していました。

 

私の場合、出産しても出ず、

産後の病院での授乳の時間はとても気が重かったです。

 

まず、とにかく出ません。

授乳の方法を教わったところで、

「すいません、出ません」

って、手をあげたくらいです。

 

うちの子は、口をぱくぱくして探してて、

「あ、あった!」と思って吸うんですけど、

「いや、ごめん、たぶん出てないわ」って感じで。

 

授乳の目安の時間が決まっているので、

それなりに左右吸わせてみて、その後体重をはかるんですけど、

もちろん増えているわけなく、むしろ減ってる時とかあって。

無理やり測りなおしたりして、泣かせたりして。

何回見ても、デジタルのメモリが変わることなくて。

(壊れててーーって何度思ったか)

 

あまりにも増えないので、入院3日目からすぐにミルクを追加することに。

その時は、別にそんなにショックも何もなかったです。

 

でも、周りでミルクを追加している人がとっても落ち込んでいて。

「あ、ミルクを足すってことは、落ち込むことなんだ」と思いました。

「母乳でいきたいよね~」なんて言葉もいっぱい聞きました。

 

相変わらず、授乳室に行って飲ませてみても、出てないし。

うちの子も、

「とりあえずここ吸ってればいいんやね」

っていう「謎の儀式」と勘違いし始めるかな、とか不安になり。

 

かわいいんです。口をぱくぱくしておっぱいを探してて、

でも、「ごめん、1滴も出てないわ。」って。

 

そんな日が続いていましたが、

もうすぐ退院するっていう日の朝、

起きた時に「胸が痛い!!!」と思いました。

胸を触ってみると、ガッチガチだったんです。

自分がガンダムか何かになったかのようなガチガチさ。

爆薬でも胸にいれたかみたいな。

胸が爆発するーって感じでした。いや、ほんとに。

 

 

 

そして母乳みたいなんがなんか出てるー!!!!

逆にこの自分の体の変化に引きました。

 

あまりに驚いて、毎朝悪露などの体のチェックをしてくれる方に、

おろおろしながら相談しました。

担当の方は「よかったですね~」って言いながら、

なんとかしぼってくれました。

もう、それが痛い痛い。

 

母乳を出すためにガチガチな胸を絞るってこんなに痛いことだったのですね。と

初めて知りました。

 

それから、少しは授乳できたような気がするのですが、

息子の体重を測ってもそんなに増えず。

どんどん量が増える「ミルク」。

 

もうすぐ退院で心配だったこともあり、一度搾乳をしてもらうことにしました。

これで、どれだけ出るのかが分かるかなと思って。

 

ちょっと出るようになったものの、やっぱり出てないものは出てなくて。

搾乳をし始めた助産師さん、なんと1時間近くも絞り続けてくれました・・・

もう、かっすかすのレモンみたいに全然でないけど、

かろうじて出る母乳を一生懸命瓶に入れてくれて。

汗だくで。

冷静に考えると、シュールな風景ですよね。

 

 

その必死さに、逆に申し訳なくなり、

母乳が出ないってことに対して「私ってダメだな~」と思うようになりました。

 

ミルク育児の説明の勉強会もありましたし、

母乳>ミルクっていう印象を持たせないように説明もしてくださいました。

 

私が出産した病院は母乳万歳な病院じゃなく、フラットな感じでしたので、

今思うとそこはとてもよかったです。

(逆に、母乳育児万歳な人は、ミルクを足すのも拒否してましたが・・・)

 

だけど、だんだん「母乳が出ない」ということが、

「ダメなこと」っていう感じがしてきて、

(周りの授乳しているママさんの会話などから)

どんどん焦る自分がいました。

 

しかも、母乳が出ないなんて心配を妊娠中からしていなかったので、(ていうか知らなかった)

哺乳瓶や粉ミルクなんて、十分な数がありませんでした。

退院の日に、病院で粉ミルクと哺乳瓶とミルトンをまとめ買いしたのを覚えています。

そんな「まとめ買い」をしてる人なんであんまり見かけずまた凹む。

 

それなのに、事前に「母乳パッド」や「搾乳機」なんて買ってある私。

「絶対いらんわーーーーー。とる乳が無いわーーーー。」って感じでした。

 

退院時から、授乳の間隔が全然開かず、

息子は泣いてることも多かったです。

吸わせればより母乳か作られると聞いたので、常に、「とにかく吸わせよう!」と、

もうずっと裸族に近い状態でした。

 

もうなんらかしら全部丸出しでふらふらしてました。

春でよかった・・・(そういう問題ではないけど)

 

授乳がちゃんとこのままできないのが怖くて、

退院した次の日に母乳マッサージができるところを探して、

桶○さんへ行きました。

 

生後8日くらいの超新生児を連れてきた人は

なかなか珍しいらしく、マッサージする方も、新生児なので、

注意して対応してくださいました。

 

入院時の様子や、授乳のことを話し、

マッサージが始まりました。

 

「母乳が出ないのは、食生活が悪いからですか?」

「最初から出ないのはなんでですか?」

「そのうちみんな出るようになるんですか?」

 

などと話しているうちに、

なぜか涙がいっぱいあふれました。

 

「あれ、すみません・・・」

 

と、言った時、マッサージしてくださった方が、

 

「母乳が足りなければ、ミルク足せばいいのよ。」

 

って、言ってくださいました。

 

 

その時は、「でも、授乳しなきゃ・・・!」って、

なぜか「母乳育児」の脅迫におびえていましたが、

今思うと、おっしゃる通りだなと。

 

足りなければ、足せばいいんです。ミルク。

母乳100%じゃないと死ぬわけじゃなし。

世の中の成功者の秘訣が母乳育児です!なんて聞いたことないし。 

結婚する相手に、母乳で育ちましたか?なんて聞かないし。

 

もう、私はその担当の方のただ一言のその言葉だけを力に、

1年間混合での育児をしてきたと言っても過言ではありません。

 

 

足りないものは足りなくて。

それでも一生懸命あげてみたし、1ヶ月くらいは母乳だけでいけた時もあった。

でも、やっぱり足りなかった。

 

やっぱり、「母乳万歳」な空気は、どこに行ってもある程度ありますよね。

出ない人は、なんかダメな母っていうイメージ。

なんだろう、「母になった勲章」みたいなあの感じ。 

ただでさえ、「母乳が出る」というその体の変化も実は結構とまどったのだけど、他のママさんはどうなんだろう。

すぐ受け入れられたんでしょうか。

 

とはいえ、確かにすごい嬉しかったんです。「ママになれた!」って感じがして。

でも、そう思う分、母乳が出ないと「ママ失格」みたいな気持ちにもなって。

今思うと、本当に気にしすぎてナーバスになっていたなーと思います。

 

 

・・・

 

 

そんな、己のパイと格闘していたある日、

実家に帰っていた時の深夜に、

呼吸もうまくできないくらい苦しい「腹痛」が起こりました。

「あ、私死ぬかも、息子をよろしくね・・・」と、死を覚悟して父に言ったのを覚えています。

 

父が急いで車を運転して、家の近くの少し大きな病院に向かいました。

母はパニック状態だったので、救急車を呼ぶかどうかも判断できず、おろおろ。

 

その場でとりあえず点滴を打ち、なんとか症状はおさまりました。

まだ寝返りできたかどうかの息子も連れてきていて、遠くの廊下で聞こえる泣き声を聞いて、

申し訳ない・・・と点滴を打ちながら思いました。

 

その後、「胆のう炎」だということが分かりました。

さほど重症ではなかったですが、授乳をしていたため、きつい薬の服用ではなく、

定期的に点滴に行くことになりました。

もちろん点滴の後はしばらく授乳ができないです。と。

 

それを聞いて、帰宅してから息子の前で大泣きしました。

「授乳ができなくなっちゃった・・・・ごめんね」って泣いている私を見て、

母がとてもびっくりしました。

そんなに悲しむことじゃないよ、と。

 

そしてあの時、母は私を励まそうとしてくれて、「電動搾乳機」を買ってきてくれました。点滴後、しばらく搾乳が必要だったので。

(まーそりゃー便利よ電動。搾乳機なら絶対電動がおすすめ)

 

胆のう炎も落ち着き、特に手術も緊急に必要ではないようなので、

また普通に授乳の生活に戻りましたが、

やはりそこであまり授乳できなかったこともあり、母乳が出にくくなったことで、

ますます混合育児でないと無理になりました。

 

周りには、あんまりいませんでした。混合育児の人。

児童館とかに行けば、その場でミルクをあげている人は15人くらいいたら大体1人。

なんででしょうね、夜泣きといい、授乳といい、みんな私ほどではなかったのか、言わなかっただけなのか・・・私だけぴーぴー言っていたのか。

いつも、私ばかり苦労してる、なんて、自意識過剰な状態になっていました。

 

母乳について相談できる相手も、いませんでした。

育児のしんどさが、「自分だけ」と思ってしまうと、本当に閉じこもってしまいますね。

 

 

・・・

 

 

結局混合育児のまま、ずっと0歳を過ごしてきましたが、

私は今振り返ると、混合育児でよかったと思っています。

デメリットもありますが、(ミルクや哺乳瓶で荷物が重いとか)メリットもあります。

 

メリット

 

・パパにも手伝ってもらえる

・一時保育に預けやすい

・保育園の入園前の不安が少ない

・どれだけ飲んだか分かるので不安が少なくなる

・卒乳がすんなりできた(私の場合)

 

・・・っていう感じだと思います。

 

特に卒乳に関してはそりゃもうすんなりでした。

夜泣きがひどかったので、その対策↓で添い乳を辞めたんですが、

 

夜泣き対策にやった「ねんトレ」で朝まで寝るようになったような気がする。 - yuki's blog...

 

そのついでに、断乳しちゃおう!と思ってそのまま辞めたら、

そのまま自然と卒乳・・・。

 

そりゃ確かに欲しがりましたが、ミルクをあげつつ、

寝る前にフォローアップミルクとかだけにしつつ、

・・・ってしてたら納得いただけました。

(10ヶ月とかその頃だったと思います)

 

 

無理やり、母乳育児にして、心がボロボロになる必要なんて

ぜーーーーんぜん、無いな。と思いました。

 

母乳でも、ミルクでも、ちゃんと育ちます。

というか、実は私自身ほぼ完全ミルクで育ちました。

(いやいや、それを早く言ってよ母よ。という感じでしたが)

 

 

なんとしても完全母乳!という方は、それを目指せばいいけど、

なんとなく母乳じゃないといけない気がする・・・という方は、

ミルク、足したらいいと思いますよ。

 

ママが楽になれるようにするのが一番。

楽になるっていうのは、怠けるってことじゃなくて、

ママが笑顔になるってことです。「楽」って「楽しい」っていう漢字だし。

 

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

photo by Baby with bottle (bw) 

広告を非表示にする