読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

正論を武器にして他人を傷つける人たち

お仕事のこと その他

私の現在の仕事柄、女性が交流する掲示板があるサービスよく見ています。

そこで、いつも気になってしまうのが、

「正しいこと」を武器にして、相手をこてんぱんにしちゃう人たちです。

あれは、ストレス発散なんだろうか・・・

人を馬鹿にしたい気持ちなんだろうか・・・

 

そんなことは、わかってて、悩んでいたりするのが、人間じゃないんだろうか。。

 

 

例えば、「避妊の話」。

 

ちゃんと避妊しなかったのが悪いんだけど、生理がこなくて悩んでいる女性に対して、よせられるいじわるな言葉たち。

 

・そもそも避妊しなかったのが悪い

・避妊について勉強しろ馬鹿

・妊娠おめでとうございます

 

・・・なんてもう、嫌な気持ちにしかならないアドバイス。

(いや、アドバイスになってない)

 

もちろん、避妊をしないのはダメなんです。

100%ダメ。

 

でも、それはもう責めてもなんにも変らないことで、

 

今言えるのは、

アフターピルを処方してもらおうねとか、

妊娠検査薬を使えるスケジュールを教えてあげるとか、

これからちゃんと避妊はしようねと言ってあげるとか、

避妊しない男にいい男なんていないんだよと言うとか、

 

そういうことなんじゃないかなと。

 

大体そういうこと言うと、

「避妊に関する正しい知識を得てもらうため、望まない妊娠を避けるためにきついことを言われても仕方ない」

という反論があるんですけど、

 

・・・もちろん、お説教は必要だと思います。

多少きつめに叱ることだって必要です。

そういうケースもあります。

 

でも、=他人を傷つけていい理由にはならないと思うんですよね。

 

 

さらに言うと、

「妊娠したくてもできない人がいるのに、失礼だ、許せない」

っていう方がでてきます。

 

妊娠したくてもできない人が、確かにイラっとするかもしれないけど、

避妊せず不安な人と、妊娠したくてもできない人って、

そもそも関係ないですよね。

(私も妊娠できなくて悩んだので、その気もちを批判する気はありませんが)

 

 

誰だって失敗はあるんだし、

すでにしてしまった失敗をこれでもかというくらい責めて追いつめて、

・・・いったい何がそこから生まれるんだろう・・・って考えた時、

生まれるのは、責めた側のストレス解消後の「すっきり感」だけなのかもしれない。

 

なんて思うと、なんか悲しいですよね。

誰にとってもよかったことが何もない。

 

正論を武器に、他人を責めるのもいいけど、

相手をぼっこぼこにするのは、やめようよ。と思います。

 

 

そういう場面があって、厳しい言葉が必要だな、と思った時、

良識のある人であれば、それを「面と向かっても言えるか」が基準になると思うので、

それを考えてもらえたらなーと思うんです。

 

 

 

が、

 

 

 

ネットの世界じゃぜーーーったいなくならないよね・・・

 

 

あー悲しい世界。

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

追記:なんだかたくさんブックマークされていて恐縮です。

女ってめんどうです。スルーしたらいいだけの話だし、

分かってほしいなら分かってほしいと相談すればいいだけの話です。

正論うんぬんの書き方もいまいちだし、

結局私が正論を言っている点も間違いない・・・汗

 

仕事柄、こういう掲示板を見る機会が多く、

なんだか悲しくなってしまった次第でございます・・・。

(ただそれだけなのでーー><)

 

 

広告を非表示にする