読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

ビジネスマン失格なんだろうな。


私たぶん、商売人としては失格です。

仕事の仕方として、「儲ける」という意識が低いようで。

(意識したところで月商にしたら微々たるもんだったり)

 

そんな時、この記事を見て、とても共感したんです。

女性ならではの「売り方」指南 営業ウーマン育てる 女子力起業(6) :日本経済新聞

 

そう、私、「役に立ちたい」んです。

その結果、お金にはならないかもしれないけど、

それによって、すごく満たされます。

 

だから、仕事の業種とか業界とかよりも、

誰かのためになっていると感じられるなら、大体なんでもできるし。

 

ブルーオーシャンだとかレッドオーシャンだとか、

そういう「どこが儲かるか」なんて意識はあまりなくて、

新規事業を検討したところで、「やりたい」「それ役に立つね」という視点がないと、

心が動きません。

 

いかんのです。これではダメです。

でも、儲かるポイントとかそのへんは、そういうことを考えるのが得意な人がメンバーにいればいいかな、と最近思うようになってきました。

 

 

というか、


私の中では、「人の心を動かす」ことが、商売の一番大切なところだと思っているので、最近はこのスタンスでもいいのかなと思うようになったという感じでしょうか。

 

ビジネスマンとしては、センスもないし、あんまり貢献できる規模も大きくないし、

あんまりよくないですね。

 

だけど、想いを持って仕事する点においては、

結構周りに負けてないと思うのです。

 

昔、採用の仕事の時もそうでした。
嘘は言いたくないし、飾りたくないし、
私のごく普通の感じを、見てくれたらなと思っていました。
 
女性の活躍だって、まだまだこれからだって言ってたし、
制度だってまだ整っていなくてこれからだって言ってたし、
自分なりに、嘘をつかず、変にギラギラせず、普通にやってきたつもり。
 
 

とはいえ、ビジネスマンとしては出世もしないだろうし、
失格なんだろうな~なんて思います。
ていうか、そもそもボランティアじゃないんだし。
 
 
うん、あかんところはあかんので、
もっと数字での貢献も頭にちゃんと入れつつがんばっていこ。
 
 
 
 
でも、誰かのためになるって、やっぱりいいよね。
 
 
 
 
おやすみなさい。
広告を非表示にする