読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

育児を人任せにしていた人のその後


夫の理解の無さや育児への不参加などによる育児のストレス・・・

ブログやTwitterでたくさん見かけますね。(共働きかどうか関係なく)

 

私自身も共働き核家族子育て家庭として、悩みながらですが、それでも主人の理解はある方だし、救われている方だと思っています。

 

まーでも実際育児をする時間が多いのは私。それはいいんです。

私の中でもうこの役割はある程度納得して引き受けているし、そもそも私の方が子どもに関われるなんて幸せ、夫よ可哀そうに。と思う。

 

あとはそれに「感謝の気持ち」と「思いやりの気持ち」を【お互いが】忘れないようにする努力もなんとかかんとかできていると思います。ありがとう。

 

色んな苦労やストレスがありながらも、それでも結婚や育児は素晴らしい経験だと思うし、自分なりに色んなことと折り合いをつけけながら前向きに生活できている方なので、よかったなーと思うし。

 

 

 

でもなんだか苦しい・・

 

そうなる瞬間が来たら、いつも頭に浮かべることがあります。

 

 

 

 

育児や子どもの教育を人任せにしたら、30年後、家族の誰からも必要とされなくなるだろう。

その時に親ヅラしたって遅いよ。

 

 

 

 

 

 

 

以上です。

 

 

 

 

おやすみなさい。

広告を非表示にする