読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

家事育児の分担・実行も、仕事と捉える


まさに書こうとしてたことがトピシュさんと一致しました。

仕事でするように家事・育児を分担すること - 斗比主閲子の姑日記


同じようなことを言いたいのですが、なんせ文章力に大きな差があるので、アップするか迷いました。


が、同じようなことを同じタイミングで思えたことも嬉しかったのであげてみます。







私の場合、家事育児を分担しても、結局、

 
  • ママがやった方が結局早い
  • 何やったらいいかわかんない&なんか忘れてくる(パパ)
  • 先にやって欲しいことを後回しにされてイライラする
  • パパからの「あれってどこにあったっけ?」が発生して問い合わせ対応に追われる
  • パパに定期的にお願いしてるのにいつまでたっても覚えてくれない
上記のことが起こっています。
 
 
で、これをよく考えた時、
上司が部下に仕事を依頼するとか、チームで協力して仕事を進めるのが下手な時に似てます。
せっかく働いてるのに、そこに気づかないなんて、ほんと頭を使えてないです。
 

 
先ほどの分担がうまくいっていない状況を仕事に置き換えてみると・・・
 

  • 自分の方が早いからと仕事を抱えて部下を育てていない状態
  • 具体的に指示してないから部下が何やったらいいかわかんない状態
  • 優先順位を伝えてないから、やって欲しいことを後回しにされている状態
  • 何がどこにあるか(データとか)を誰が見てもわかりやすくしておかないから見つけられない状態
  • 何故この仕事を覚えて欲しいのか、目的とか、これをやって何になるのかを伝えてないから、仕事そのものを覚えてもらえない状態
 
 
先日見た何かのコラムに、よいマネージャー像が書いてありました。
 

 
これをそのまんま家事育児の分担の時にも活かせるといいのかもしれないです。
パパをやる気にして、家族の家事育児が機能するようにしていく。
私の場合は私が上司の立場と勝手に位置づけてますがー。
 
 

属人的な家事育児をしておいて、「はい、同じことやっといて!できるでしょ!」
なんて、無理ですよね。
普段の仕事でも、そんな仕事の振られ方したらイラっとしますし。
 
なのに、「あの人は何も出来なくてー」なんて不満を言われたら、その人には協力したくないってなるのは当たり前だなと。
 

で、


仕事に置き換えるとかなりすんなり理解できたけど、
なぜ夫婦になるとうまくいかないのか考えてみたのですが、

 
  • 仕事と家事育児の時の自分が別人になっている
  • 夫婦だからわかると勝手に思い込んでいる
 
私の場合、この2点です。

 
仕事の時の自分は、仕事の時だけで、家に帰ると違う自分になっている気がします。
仕事の自分と、母である自分。全然違うかも。
なので、仕事で得たものを家事育児に活かすことができていない。これはもったいない。



2点目は、夫婦だからこそ、「わかってよ」みたいな暗黙の了解の範囲を広くとりすぎている気がします。
仕事の同僚も、夫婦も、「赤の他人」に変わりないのに。



そして、



 
相手に対してもつべきなのは、
思いやりの気持ち
と、
相手を信頼すること
かもしれません。


仕事を任せられなかったり、
作業の目的を伝えなかったり、
っていうのは、相手のことを信頼していないから(どうせちゃんとできないでしょという気持ちとか)もあるはずなので、

あなたにもできる!
やってみてよ!

と、なんかすごい責任ある仕事を新人にどーんと任せる上司みたいな役割を演じてみようと思います。
で、成功したりできるようになったら褒めて、感謝の気持ちを表現して、なんかおごってあげよう。




…旦那に対してすごい上からですな。


追記
うちの家庭は、基本、これを大切にしております!結局ここに戻ってきます。。




 
タスクはredmineで管理してみたいな。








おやすみなさい。
 
 
広告を非表示にする