読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

若い女性向けのもの・・・はやっぱり強いのかな。

お仕事のこと

最近思うこと。

 

すでにもうお店はたくさんあるんだけど、雰囲気としてなんだか古臭かったり、

実は趣味として取り組む人口は多いけど、なんかイメージが暗かったり。

そういうのって、実はいっぱいあるんじゃないかなと。

 

 

 

 

漠然としすぎとるね。説明が。

 

 

 

例えば、「貴和製作所」。

若い女性向けの手作りアクセサリーのパーツを売っているお店。

昔からビーズだとかなんだでアクセサリーを作る女性はよくいたし、(それこそ自分の母親世代からも)

なんだかんだでアクセサリーは女子なら好きな人が多い。

 

自分で作りたい人が、昔なら、近所の手芸屋さんとか、

ユザワヤに行ってたんだと思うんですが、

ユザワヤはなんか雰囲気がちょっとおばさんっぽく感じたりして。

(いや、とても好きなんです。私にとってのディズニーランドみたいな存在で。)

 

そんな時、ヨドバシカメラの中などに、お店をかまえた「貴和製作所」

とてもかわいいお店だし、おしゃれだし、パーツもかわいい。

手作りキットもあるし、足も運びやすい。

一時流行った「デコ電」を作るためのスワロなんかもたくさん売っていて。

今でも私もたまに足を運ぶお店です。

 

そういうサービスや商品って、きっともっとあるんだろうな~と思いつつ、

なかなか思いつきません。

残念な私の頭の中。

 

 

実は、ちょっと売り方を変えたり、

雰囲気を変えるだけで、もっと身近になったり、

売上を伸ばせたり、その業界を活性化できるものって、

あるんだろうなと思ったりしています。

 

そういう点では、「女性向け」「若い子向け」が手っ取り早いように思うのですが、

「シニア向け」「ぽっちゃりさん向け」などもあって、面白いですよね。

 

 

まずは「女性向け」「若い子向け」でもうちょっと考えてみよ。

 

 

 

 

 

おやすみなさい。

広告を非表示にする