読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

関西~東京間の子連れ移動なら飛行機の方がおすすめという話(主に0歳~3歳ころまで)


乳幼児連れでの帰省は、不安いっぱいですよね。

 

私は不安と緊張のあまり、頭の中でシミュレーションを1週間前くらいから具体的に行います。(繊細か)

まだ言葉が分からない赤ちゃんだった子どもにも、「来週ね、飛行機に乗ってね」なんて語りかけて「その日が来る」ことを寝る前に伝えていたりしました。

よくぐずるしぎゃん泣きする息子を連れての帰省が無事にすむように願う行為は、もう祈祷の域だったかもしれません。

 

それなら帰省するな。というのももちろん同意です。

ですので、私の場合お盆や年末年始のシーズン時には帰省しませんでした。すいている時期にお休みをとったり、連休をちょっとずらしたりしていることがほとんどです。

 

だけど、帰省を辞めないのは、周りに迷惑をかけないようにしっかり対策し、準備していれば、周りの人も理解してくれることがほとんどだから。

頭を下げて、なんとか対策してきても、やっぱりぎゃん泣きされたことがありますが、みなさん「大変ですね」「大丈夫ですか」と言ってくれて逆に泣けたことがあります。

 

なんとか周りに迷惑をかけないように。迷惑をかけてしまったとしても最低限におさまるように。努力と緊張と申し訳なさを背負ってでも、子どもを連れて、親に会いに行きたいな、と思うので、自己満足かもしれませんがその時の経験を紹介していきたいとおもいます。

(親がこちらに来るのは親の事情があって無理なんですよね・・・夫婦それぞれの親が同じ関西にいるっていうのも動きやすいし)

 

 

前置きが長くなりました。

 

 

私は実家が関西のため、東京からたまに関西まで帰省するのですが、

その際には、必ず飛行機を利用しています。

産後、数回帰省しましたが、出産後から2歳になる今まで、一度も新幹線利用をしたことはありません。

 

で、飛行機の方がおすすめだよ!ということを書きたいと思います。

新幹線移動が好きだという方・新幹線移動派な方は読んでも多分メリットが無いと思います・・・。どちらがいいかな?と迷われている方におすすめします。

また、関西~東京間の移動での経験談になりますので、それ以外の利用の場合には当てはまらないこともあります。(名古屋~東京とかそうですね)

小さい子は飛行機に乗せるべきでない!という方もあまり意味のない記事になってしまいます。ご了承ください・・・。

 

 

 

メリット

 

  • 空港までの移動手段がたくさんある

電車をのりついでいくもよし、あらゆる場所からリムジンバスが出ているのでそれで移動するもよし。

私はリムジンバスで移動することが多いです。座席が大きく、広いからです。時間によっては抱っこしながらお昼寝などをしてもらうこともできます。

0歳児の時はぎゃん泣きしないか不安でしたが車の振動で意外に泣かないことが多かったです。オムツ替えたりは無理ですが・・・。

電車移動の場合も、何かあれば途中で降りることができるし、駅のお手洗いにはオムツ替えがしやすい設備がだいぶ整っているのでドキドキすることが少ないです。

トータルとして、目的地に着くまで1時間くらいで細切れに休憩できたり、場所を変えられるのが飛行機移動のメリットの一つかもしれません。

(新幹線だと2時間半とか同じ空間にいないといけないので)

 

 

  • 空港の設備が子連れに優しい

空港にさえつけばこっちのもんです。(どうした急に)

授乳室が広い、ベビーカーの貸し出しがある、レストランやコンビニもあるからおやつはここで買えばいい、道が広い、座るベンチも多い、困ったら係の人が助けてくれることが多い、手荷物を預ければ楽になれる、搭乗手続き後にはキッズスペースがある(羽田空港ANA側しか知りませんがちゃんとしたスペースがあります)

もう、ありがたき幸せです。ここまで来たら、さらに飛行機に乗る心の準備と持ち物の確認などができます。

これがたとえば新幹線に乗るために到着した東京駅だったら・・・。授乳室も広くないし、ビジネス利用の人も多くてごったがえしているし、待つスペースは狭いし新幹線ホームは外だから冬は寒いし、不安で仕方ありません。

 

 

  • フライト時間がちょうどいい

関西~東京なら大体1時間くらいが飛行機内での時間になります。そのうち多分20分くらいはベルトを外して自由になれる時間。

このくらいなら、なんとか事前準備をすれば大惨事を防ぐことができます。オムツ替えもできますし、1時間なら授乳のタイミングをずらすこともできます。(私は混合だったのでミルクを機内であげたこともありますが、ほとんど搭乗前に授乳室で済ますことができました)

 

 

  • CAさんの細やかな気配りが素敵

赤ちゃん連れの客の対応にとても慣れているので、とてもありがたいです。ママと0歳児だけの移動はかなり神経をつかうので、本当に助かりました。(私はANA利用ですが、JALも良いそうです)

荷物も機内まで持ってくださるし、上の棚にも入れていただけます。抱っこしながらでは難しい動作を手伝ってもらえるのは本当に助かります。これが新幹線だったら自分でやらないといけないです。

もちろん私たちだけのCAさんではないので、困った時だけ助けていただく形ですが、心理的なストレスは新幹線より緩和されます。

他の乗客の方も、CAさんに「子どもがうるさいから静かにさせて」などと伝えれば、CAさんを通して要求を伝えられると思います。

 

 

  • 周りも理解のある親切な方が多い

着席したら、まず前後左右の方に、「泣いたり騒いだりしてご迷惑になったらすみません、なるべくそうならないようにしますので」と必ず一言お話しています。

ありがたいことに、そう言った時に嫌な顔をされたことは一度もありません。

むしろそこから、「僕も先月産まれたんですよ」とか、「うちの孫もね~」なんて話になって、一人移動中の私はとてもほっとする瞬間です。

ぎゃん泣きするケースもありましたが、ベルト着用が必須でない時は機内の後ろに移動してあやせば少しは緩和できますし、離陸着陸の時の10~15分程度は、みなさんぐっと我慢してくださいました。これは本当にありがたかったです。

 

いや、汗だくになって変顔したり小刻みに震えたり意味不明な言葉を言っている私を見て引いていたのかもしれませんね。

 

きっと、飛行機では毎回何組か子連れの方がいらっしゃるから、みなさん理解(我慢)してくれているのかなと思いました。

新幹線なら関西~東京は2時間半。この間ぎゃん泣きが30分~40分とか続くとなるとやっぱり私も周りも辛くなるので、飛行機の方がまだ気が楽でした。

 

 

  • 着陸後も空港の設備が子連れに優しいので一休みできます

着陸後も、空港の設備は先ほどの通り子連れに優しいので、とりあえずゆっくりすることが可能です。新幹線だと到着駅でゆっくり・・・っていうのはなかなかできないことも多いですよね。

 

 

 

 

いろいろ書きましたが、デメリットもあると思います。私は新幹線の利用ではうちの子の活発さと赤ちゃん時代のぐずりっぷりからとても2時間半耐えられないと思っていたので、飛行機利用しかもう考えられません。

 

「気圧によって耳がー」みたいなのも聞きますが、こちらは信頼できる医師の方に相談してみるのが一番いいと思います。私の場合はそこは問題ないと思って利用していますが、ご自身の判断でよろしくお願いします。

 

 

 

子連れメリットもありますが、やっぱり飛行機ってわくわくします。

今では子どもも飛行機を見て「あーーーー!」って指をさして喜びます。

空港によっては名物の食べ物もそこで食べれちゃいます。

 

今度機会があったらどのような対策をして飛行機移動にのぞんでいるかをまとめておこうかな・・・0歳か1歳かでだいぶ変わってくるから難しいですが。 

 

 

 

 

おやすみなさい。