息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

小さいうちから音楽にふれさせたいと思う


f:id:yukixxx1226:20140826163333j:plain

子どもへの習い事といえば、今はダンスが人気らしいですね。

私の時代とは大違いです。

もし自分の子どもにダンスをさせるとしたらハウスがいいな。

親子でやりたいな。

 

 

 

で、子どもが小さいころから、音楽にふれさせるということは大切にしたいなと思っています。

なんだかんだいって、音楽の力ってやはりすごいなと思います。

子どもはあまりまだ話しませんが、音楽にはなぜかすごくノリます。(縦ノリ)

それが本当に楽しくて。

 

言葉が通じないけど、音楽にノってくれたら、私とも一緒に同じことをできて、同じ楽しい気持ちを共有できるんだなーといつも思わされます。

 

そこで、音楽にふれさせることを意識したらどんなことがあるかなーと考えてみました。

 

 

 

小さい頃から音楽にふれさせるメリット

  1. 自分のことを表現できる手段ができるかも
  2. 国境を越えるコミュニケーションがとれるかも
  3. 自分は「これが好きだ」と思えるジャンルに巡り会える可能性がある
  4. たくさんの想い出を作れるかも

※かも の表記が多くてすみません。

 

別に専門的に何かフルートやピアノを学べとかそういうことではなくて、単純に、歌ったり踊ったり何か観に行ったりっていう程度で全然いいんだと思います。

(それならみんなやってるかもしれませんが)

 

まず1つめの「自分のことを表現できる手段ができる」ということ。

自分を表現する手段として、文字を書いたり、スポーツをしたり、何か研究して発表したり、様々な方法があると思うんですが、その中でもハードルが低いのが「音楽」なのではないかと。

 

歌うこと、踊ること、演奏すること、作曲すること・・・

 

結構色々あります。さらにそこに、ロックだったりクラシックだったり色んな音楽ジャンルと演奏する楽器が組合わされば、それこそかなりたくさんの表現方法があります。

 

私は小さい頃からエレクトーンを習わされていて、最初はあまり好きになれず苦痛だったのですが、勉強がしんどい時に夢中になって演奏するとストレス発散になったりしました。無意識に何かに没頭する手段として、とてもいいものでした。

当時ハマったSMAPの音楽をエレクトーンで演奏することがとても楽しかったです。

 

 

次に、「国境を越える」ということ。

音楽は本当に国に関係なく人とのコミュニケーションができる手段だと思います。

音楽以外のものが見つからないくらい・・・。

 

国境を越えてコミュニケーションという大げさなものでなくても、日本のものでない「音楽」を好きになるっていいですよね。

その国に興味をもったり、語学力を身につけたいと思ったりするかもしれません。

その結果、子どもにとっての「スイッチ」を見つけてあげられるのではないかと思うので、子どものうちに色んな音楽にふれさせたいです。

もちろん、親の好きな音楽を聴かせるっていうのもいいと思います。

 

 

3つめに「自分は「これが好きだ」と思えるジャンルに巡り会える可能性がある」ということ。

さっきの続きみたいなもんですが、音楽を通すことで、自分が「これは好きだ」と思えるものに出会える可能性が高いのではないかと思います。

「これは好きだ」という音楽があれば、共通する趣味を持つ友人も作りやすいし、それに没頭して何かのプロになることもあると思います。

 

これがもしスポーツだったら、野球をさせて、サッカーをさせて、バスケをさせて・・・っていう流れだと「これが好きだ」に巡り会うのに時間がかかりそう。

音楽ならもっと短い間に簡単にそんなにお金もかけず、「これだ!」を見つけることができそうな気がします。

 

ちなみに私は中学生の時に聞いたダイアナキングに衝撃を受け、そこからずっと洋楽ばかり聴いていました。そこからさらに、ダンスという趣味が私にできました。

世の中は小室サウンド全盛期でしたが、ほとんど聴いていませんでした・・・。今思うと聴いておけばよかったとも思いますが。(どっちやねん)

 

 

4つめの「たくさんの想い出をつくる」ですが、何かを聴いた時に、何か昔のことを思い出して懐かしんだり、忘れたくない(または忘れたい)想い出のことを思い出したり、音楽が自分の人生を記録してくれているような気がしています。

 

ただただ、「あ〜懐かしいな〜」と思うだけではありますが、私はその瞬間が好きだったりします。

普通にふらっと入ったお店とかで、自分が忘れてた記憶を呼び起こすような懐かしい音楽がかかっていたりすると鳥肌がたつときもあります。

 

音楽が一緒でなければ、もしかしたら忘れてしまう想い出だったかもしれないですよね。

 

 

他にも色々メリットがあると思いますが、

音楽ってやっぱりいいですね。

J-POPでもボカロでもクラシックでもなんでもいいと思うんです。

 

 

これを演奏すればストレスが発散できる

これを聴けば元気が出る

これを歌えばテンションがあがる

 

 

そんな音楽とのふれあい方ができるように、

子どもには色んな音楽を聴けるきっかけを与えられるといいなと思います。

 

個人的には、もう少しクラシックやJAZZに小さい頃から詳しければ、

今もっと楽しめたような気がします・・・。

まあでも、年相応に好きな音楽が変わっていくのも(変わらないことも)また面白いところかもしれないので、これから色々聴いていけたらなと思います。

 

 

 

 

おやすみなさい

 

 

guitar practice woodleywonderworks

広告を非表示にする