読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

成長したい。って思うのはなぜかを考えてみた。

自分のこと

f:id:yukixxx1226:20140826153707j:plain

よく就活とかでも言われる「成長したい」という言葉。

人によってはそれがとても苦しく感じる人もいるし、

興味がない人もいるし、

成長意欲ばりばりな人もいる。

 

で、私自身はどうかというと、

 

成長、したいです。

 

ずっとそう思って生きてきました。

だから今も、子どもがいても働きたい理由に金銭的なもの以外のモチベーションがある。

(それがいいのか悪いのかはおいといてください・・・)

 

で、なんでそう思うようになったのかなーと、

ふと子どもを添い寝しながら考えていました。

 

 

これを読んだ時になんとなくわかりました。

 

私が成長したい理由は、自分のことを好きになりたいから。

なんだ、自分のためか。って感じですが・・・。
 
・・・
 
 
私自身、中学生の時に親友からのいじめ、裏切りにあいました。
今でもあの集団いじめは忘れられません。
そして、当事者の親友が「たいしたことしてない」って思っていたことも忘れられません。
 
この時に、私は、「どうしたら嫌われないのか、どうしたらいじめられないのか」
と考えるあまり、「自分に価値がないからいじめられるんだ」と思うようになりました。
 
そして、そんな自分が大嫌いになっていきました。
 
 
・・・
 
 
ですが、そこから、そんな自分を乗り越えたいという気持ちをわずかながら持てたので、
(詳しくは書きませんが両親のおかげです)
高校受験で精一杯努力して、自分の実力よりちょっとしんどい高校に進学することができました。
 
この時の努力と、それに伴って結果が出た経験が、
自分を大きく変えました。
 
 
自信を持つことができた。
結構無理だと思っていたけど合格できた。
嬉しかった。
周りからすごいと言ってもらえた。
そんな自分を好きになった。

 

 
それから先、自分が、「自分にとって好きな自分」でいるためには、
現状維持ではなくて、その環境に合わせて努力すること、
できないことができるようになること、
ちょっと大変だけど、その上を目指し続けること、
そういうことなんだと学びました。(私の場合)
 
 
浅田真央ちゃん風に言うと、「迷った時は困難な方を選ぶ。」
です。
 
 
自分を変えることで、人から必要とされるし、
自分を変えることで、結果が出たりするし、
自分を変えることで、見える世界が変わる。
 
そんなことが多かったように思います。
 
そして、そういう経験をした時に、
自分を好きになれることが多いという感じでしょうか。
 
 
難しいネイルのデザインを試してうまくできたら嬉しいし、
お料理がうまくできたら嬉しいし、
似合わなかった服も痩せて似合えば嬉しいし、
メイクも工夫して目が大きく見えたら嬉しいし。
(全部自己満足の世界ですけど)
 
 
嬉しくなるには、やっぱりちょっとはがんばってる。
 
 
 
自分に自信を持つ!世間で通用する実力を持つ!
っていうほどの大きな経験ではないけれど、
ちょーーーっとずつの成長と努力によって、
「自分が好き。」っていう気持ちが持てるので、
これからも成長していきたいと思います。
 
 
特にビジネスマンとしてこうなりたい!とか、
こういう妻になりたい!!とか、
そういうギラギラした目標があるわけじゃないんですが、
 
ただただ、自分のことを嫌いにならないように、
毎日ちょっとずつがんばりたい。
 
そんな感じです。
 
 
 
あ、でも嫌いになることももちろんあります。
 
食べ過ぎた時とか、
太った時とか、
痩せない時とか、
痩せたいと思っているのに食べちゃうところとか。
(意思弱。)
 
 
そういう意味では、「こうならなきゃいけない!」みたいに、
自分を苦しめる感じではなくて、
もうちょっとライトな感じかもしれません。
 
 
 
 
 
 
 
 
おやすみなさい。
 
 
 
広告を非表示にする