読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

W○ARのオシャレママコーデから失敗しない服の買い方を学ぶ

その他

f:id:yukixxx1226:20140910155847j:plain

アプリで公開されているとはいえ、画像をまるまる載せるのはまずいと思うので、ちょいぼかしてみました。
だめかな…?

f:id:yukixxx1226:20140913082653j:plain
 
この方とても素敵なんです。
服もユニクロしまむらだったりするのが驚き。(元がいいとほんと得ですね)
 (ちなみに、素敵だなと思っているママさんはWEARでネオ氏というニックネームのママさんです。お子さんもママさんもかわいくてオシャレです)

オシャレさんの知人や、WEARのコーデから最近学んだことがあります。
やはり、失敗しないコーデをするには、服のチョイスが9割くらいをしめているのではないかと。
 
実際、オシャレ友人から聞いた話とアプリで見たコーデから、私なりの考えをまとめてみます。

 
 
1)まずはモノトーンカラーの無地アイテムをそろえる
黒・白・グレーで上下それぞれの基本アイテムをまずそろえるのがいいかと思います。トップスはニット、ブラウスなど。ボトムスはスカートやパンツ。
まずはどんな色とも喧嘩しないモノトーンカラーで無地でベーシックなアイテムをそろえることで、失敗を確実に防ぐことができるのではないかと思います。

よくあるのが、色んな色のアイテムを買いすぎて組み合わせがめちゃくちゃになったり、パターンが少なくなったり、結局着回しができなくなること。
イエローのカーデとブルーのスカートとベージュのパンツ…とか、意外にどれも色自体に幅(パステルとかくすんだ色とか鮮やかな色とか)があるので難しかったりします。
まずはモノトーンの3色だけそろえた方が確実に着回ししやすいし、失敗しないと思います。

で、ベーシックな色と思いがちなネイビーやベージュは意外と難しいと教えていただきました。(ネイビーと黒を合わせると重かったりするし、ベージュにも明るいベージュからモカまで幅広いので他の色と合わない場合もある)ので、最初は手を出さない方がよいそうです。
 
具体的に言うと、ユニクロで黒・白・グレーのニットと黒・白・グレーのパンツやスカートを1点ずつ買うといいそうです。もちろんしまむらでも可。私はユニクロでそろえました。
(さらにいうと、ユニクロでぴったりサイズと大きいサイズをどちらも揃えるというのもテクだそうな。)


2)カラーは「季節感」のあるカラーだけ選ぶ
例えば秋であればボルドーやモスグリーンなど。できれば自分に似合うカラーを知っておくといいですが、なかなか自分で似合う色を知るのは難しいので、せめて季節感だけ大切にすると間違いが起こりにくいし、オシャレに見えるそうです。
確かに、秋冬にパステルブルーを着るよりは、深くてあざやかなブルーの方がよさそうです。

カラーをコーデに取り入れるのは実は本当に難しいうえに、似合う色似合わない色があるので、できればパーソナルカラー(オータムだとかスプリングだとか)を知っておくと失敗しないと思います。
ちなみに私はオータム。くすんだ色が似合うようです。緑なら断然カーキをチョイス。確かに、カーキ似合うんですよね私。笑


3)柄モノは、定番柄と流行している柄以外は手を出さない
結局コーデを壊してしまうのは「柄」を入れてしまうからではないかとのご指摘を受けました。
柄モノはほんとに難しいそうです。色もたくさんはいってしまうし、目線もそこに集まってしまう。うかつに手を出すと危険だそうな。
例えば今であれば、モノトーンコーデに1つ迷彩のミディ丈スカートくらいで十分おしゃれになるとのこと。確かに。

柄モノを取り入れたい場合は、季節感があり、流行している柄(今年の春ならボタニカル柄、秋なら千鳥格子やレオパードなど)か、年中売られているベーシックな柄、チェック、ボーダーくらいまでが失敗しないコツだそうです。
 
結構花柄とか好きだったのですが、花柄は花の大きさやサイズ、素材感でかなり印象が異なるので、おばさんっぽくなったり、逆に若々しすぎてイタくなったり、一番難しいアイテムだと伺いましたー。


4)差し色は1カ所に。
よく差し色としてコーデのどこかにあざやかな色を入れたりするのですが、差し色っていうか、めっちゃ差してるし!っていうのはダメだそうです。
例えば、バッグに赤を持って来たのに、靴も赤。ピアスも赤。とか。
確かに、差し色として色を取り入れるのなら、赤は女の子らしいし、オススメだそうなのですが、1カ所にしておく方が失敗が無いそうです。うるさくなっちゃうようです。

小物に差し色を入れる方が一見楽ですが、バッグや靴は定番色にしておいた方が結局着回ししやすいようなので、スカートやトップスなどを1点差し色にする方が結局はコーデしやすいというアドバイスをいただきました。


5)シルエットは流行ものを
ここまでで、ベーシックな色と、ベーシックな柄、季節感のある色や流行の柄をとりいれつつ、差し色を入れるなら1点。というアドバイスをもらったのですが、
最後に一番大事なことが。
 
今までのコツで失敗はしないけど、オシャレ感はやはりそんなに出ないんですよね。
なので、最後のオススメとしては、その季節ごとに流行のシルエットがあるので、情報収集して流行の形を取り入れた服をどこかに入れましょう。ということだそうです。

今ならタイトスカートや膝下丈のスカート。トップスの丈は短め・・・とか。
確かに、ベーシックだといっても、すごい古い形のトレンチコートとか、ありますよね。 そういうのは確かに損しそう。
 
 
 
ここまでのコツとかアドバイスをまとめたら、尚更、高い服はいらないな、って思いました。シーズンで着倒しておしまい。っていう消費の仕方の方が失敗を防げるような気がします。
いつか衣替えして服を入れ替える。なんて日が来なくなるのかな。
 
 
 
 
おやすみなさい。
 
 
 
広告を非表示にする