息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

子育てしながら働く理由は、生活のためだけじゃない


f:id:yukixxx1226:20140910160129j:plain

あまり理解されていなくて、たまに本当に驚くんですが。

子育てしながら共働きで働く理由を、「そうしないと生活できないくらい貧しいから」って思っている人がいて、さらに、「共働きでないと生活できないくらい貧しくないなら保育園入れるな。贅沢だ。」っていう人もいます。

 

確かに保育園に関しては税金が使われているので、そう思われてしまったらあまり返せる言葉もないっちゃないのですが。

 

でもです。

私、貧しいから働いてるつもりはなくて。

 

もちろん、共働きでないと生活は厳しいし、子どもの教育費や老後のことを考えたり、一度働くのを辞めた後の復帰のことを考えると…っていうような、金銭面の理由から働いているのは大きな理由の一つです。

でも、仕事で得られるやりがいだったり、自分が社会にちょっとでも何かできているんじゃないかという自己満足にひたれたり、妻でも母でもない、「自分」が維持されていることが、とても私には大切なことだったりします。

正直なところ、子どもと一対一で一日中向き合っていたら、ストレスでうつになってしまうかもしれません。(たぶん大丈夫だとは思うんですけど、自信がないかも)

 

子どもより仕事を優先してるの?って思われるかもしれません。そういうつもりがなくても、そう見えてしまったら仕方ないのですが。

私が、私でいられるために、労働が必要だ。っていうことでしかないのです。

そのおかげで、子どもにも健康的な心で接することができているのです。

 

こんな風に仕事を通して金銭面以外の何かを得られることに喜びを感じている働くママは増えたと思うんですよね。「私仕事してないと無理〜」っていうお母さん、ほんとに多くなったと思います。

だからこそ、もっともっと働くママが活躍できて、成果を出せる仕組みやうまくいっている会社が出てきてくれるといいなって、思います。自分でそういう雰囲気にしなきゃなーとは思いつつ。

 

もちろん、働くことより子育てに集中して、夫を支える奥さんも素敵ですし、尊敬しています。

どちらかが上とかではなくて、それぞれの価値観や選択を認め合える社会になるといいなと、思うのです。

 

そのためには、男性の労働環境や働く意識も変わらなければならないところがあると思いますが…。

 

仕事に集中できる男性がうらやましくてしょうがない時もありました。私のように「仕事と育児を両立」なんてしてても、いいことなんて無い。って思った時もあります。 

今も正直、いいことなんて無いかもしれません。毎日悩んでばかりです。

でもそれでも、働くことで「自分が自分でいられる」っていうことは、私にとって、なにものにも代え難い価値があることだけは間違いないなと思って、日々働き続けています。悩み続けながらも。

そういう労働から得られる価値を、子どもにも、もっと伝えられるといいな。 

 

 

…まとまりないなー…。

おやすみなさい。 

 

Mother and child

広告を非表示にする