読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

そうか、うちの子「標準語」を話す子に育つんだったというどうでもいい気づき。

育児のこと

f:id:yukixxx1226:20141111194244j:plain

関西に住む母に、子どもの動画を送った時に言われました。


「すごい上品な喋り方すんね、さすが東京の子やわ〜」
 
と、言われて初めて気づきました。そうか、うちの子標準語なんだ。と。
 
「どんぐり拾ったのー」
「どんぐり拾ったで」
 
「お友達と遊んだのー」
「お友達と遊んでん」
 
全然違うわ。ほんまや。
標準語上品やわ。知らんかったわ。
 
普段、どうしてたか思い出してみると、私は関西弁と標準語のバイリンガル状態で、子供の前ではなぜか自然に標準語。旦那とは関西弁を話している。今まで気づかなかったし、家族3人の時はどうしてるかは記憶にない。
 
関西にお住まいの2歳児のお子様はもう、関西弁を話すのでしょうか?あー、関西弁話す男の子とか超絶可愛いんですが。
 
でも、方言があると、東京では、小さい子のコミュニケーションに問題が出るケースがありそう。例えば、関西弁の「なおしといて」は、東京では実はちゃんと通じないことがあるとか。関西では「片付けておいて」のことなんですけど、「修理しておいて」の意味に捉えられることがあるらしくて。
 
自宅で私が話す言葉が方言だと理解せずに息子に伝わり、お友達と話が通じないことのないようにしなきゃなーと思うのですが考えすぎでしょうか。
 
ていうか、関西弁を話す男子は東京ではモテるらしいので、その路線を目指すべく教育すべきでしょうか。(ガセです)
 
 
いずれにせよ、東京にいる限り関西弁を話すことのない息子を、少し寂しく感じる関西人ママでした。
 
 
 
 
 
おやすみなさい。
 
広告を非表示にする