息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

フリマアプリを使っていて、「時給」について考えてしまった話。


f:id:yukixxx1226:20150329100100j:plain

妊娠前に着ていた服がそろそろもう年齢的にも似合わなくなってきたこともあり、フリマアプリを活用して知らぬ間に7万円くらい売れているのですが、フリマアプリって、見てるだけでも結構面白い気付きがあります。

 

とにかく、物の価格のデフレがすごいです。基本、ヤフオクと逆でフリマアプリは値下げ合戦なので、どんどん安くなります。そして、「そんなもんいらん」レベルの中古品も出品されています。

子供服なんかは特に顕著なんですが、Tシャツ1枚300円なんてのがざらにあります。

 

ここで、ふと、頭に浮かんでしまうのが「時給換算」。

300円のTシャツを売ると、だいたい10%取られる手数料や最低でも120円かかる送料をあわせると、手取りはたぶん100円〜150円程度。

出品する作業、梱包する作業、発送する手間をあわせると、時給にするとほんとに時間の無駄になるのではないかというくらいわずかな報酬です。

さらに梱包資材を購入したとしたらたぶん赤字かも。

 

なので、私はいつも出品しようとするとそのことがよぎり、安い物は売らず、友人に譲ったり、寄付したり、思い切ってもう断捨離してしまいます。

 

わずかな売上だとしても、売れる喜びを感じたり、誰かの手に渡ることで自分が役に立ったと感じられるメリットがあるので、一概に「時給」で考えてしまうのもアレなのですが、やっぱり割に合わないと思ってしまいます。

 

この考え方って、実は自分的にはそんなに好きではなくて。

なんでもかんでも時給にして考えてしまうのって、ドライというか、なんというか。

300円で手取りが少なかろうがなんだろうが、誰か欲しい人の手にわたってよかったと思う気持ちや、細々と売りさばく作業も楽しかったりで、その時間が=無駄になるとは限らない。

 

この考え方は、完全に社畜時代に身についた考え方なんだろうな〜と、ふと切なくなりました。

 

という話でした。。

 

 

おやすみなさい。

 

【関連して読みたい記事】

 

photo by Annie Pancake