読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

初めて「AKB選抜総選挙」に投票してみて知ったことをまとめてみた


もう1年半くらい前に、このような記事を書いたのですが、

そういえば、私がNMB48の山本彩ちゃん(さや姉)が好きになってからもう2年以上経ちました。

AKBの選抜総選挙なんて、1位は誰なのかな、くらいしか興味なかったですが、山本彩ちゃんを応援するようになってから、彼女が何位なのか、結構気になってみていました。

2013年に14位にランクインした時、個人的にも「もっと上じゃないの?」なんて思ってしまうほど。(投票してないのに)

そして2014年も、6位だったけど個人的にはもっと上でもいいと思っていました。(投票してないのに)

 

2014年の総選挙以来、特に山本彩ちゃんは活躍の幅が広がったように思います。それを通じてますますチェックするようになりました。

 

最初に調べた時に一番衝撃を受けたのがHA!のPV。

www.youtube.com

これのさやみるきーは最強でしょう。関西人として色々応援したくなるド関西な演出でした。

 

youtu.be

2014年は、僕らのユリイカとか

 

www.youtube.com

カモモネギックスとかすんごい好きでした。(これで紅白出たね)

 

彼女の好きなところは、歌良し、ダンス良し、スタイル良し、汚れアリ(お笑いとかね)、握手会ほぼ一番人気、リーダー気質と、超優等生タイプにも関わらず、実は人見知りだったり、「あ、やり過ぎたかな?」と急に弱気になったり、変なエロい水着着せられたりしているところがツボです。(おっさんか)

でも一番の魅力は彼女のダンスと声ですね。SPEEDや安室奈美恵、ブリトニー、デスチャ世代としては、そこがやっぱりはずせません。

実力がある人が評価される世界であってほしいという願いが彼女にこめられています笑(そういう意味だとE-girlsも嫌いではない)

 

 

個人的には彼女オンリーでしか推していないので、NMB自体にはそんなに興味がありませんでしたが、今回の選挙の速報で、NMBがふるわなかったことを受けて、なんとなく、「一度投票してみよう」と思い立った次第です。


ただのにわかファンの戯言としてみていただけたらと思います。。。



 

正直、この制度自体には疑問がいっぱいだし、お金払うなんて馬鹿だと思ってたのですが、とはいえ、彼女たちはこの結果が約1年つきまとうわけで、(ビジネス的に)彼女たちの価値がある程度決められる瞬間なんだろうと思います。

世の中的に賛否両論というより「否」が多いのもうなずけますし、これに彼女たちがとらわれないようにしてほしいですが、アイドルの世界も戦場であり、こういう設けられた仕組みの中でもしっかり生き残る必要があるんでしょうね。(なんて地獄)

 

■投票方法にはCD以外にも色々あった

とはいえ、CDを買うまでには至りませんでした。すみません。

で、調べてみてやってみたのが「モバイル会員」の投票。今までCDでしか投票できないんだと思ってました。。

面白いのが、モバイル会員だと、AKB、SKE、NMB、HKTとそれぞれのサイトがあるので、それぞれから投票でき、MAXで4票入れることができます。

二本柱の会というファンクラブみたいなものもありますが、こちらも登録アドレスさえ変えればいくつでも入会できる(らしい)ので、いくつでも投票できるようです。しかし、CDよりは高いそうです。

 

■モバイル投票をいかに周りの人にさせるかがポイント

通常、4票いれようとすると、CDを買うとざっくり4,000円。ですが、モバイルだと、1,200円くらいで入れられちゃいます。

組織的に推しをランクインさせたいなら、このモバイル4票をいかに獲得していくかが結構勝負なんだろうなと思います。自分が何万円も払うのであれば、他人の携帯を借りて、お金を払って4票入れていくというのを続けた方がいいし、同じお金でも投票できる数を稼げます。

比較的太ヲタ(お金あるヲタク)や中国票を獲得できないNMBメンバーは財力がなくても勝てる戦略を立てないといけないんでしょうね。

また、票を山本彩に集中すべきか、他のメンバーに入れるべきか、2chなどでも議論されていたりで、面白かったです。

 

■握手厨という人たちがいる

他に面白かったのが、投票券だけがヤフオクやフリマアプリですごく売られていること。大体850円〜1,000円くらいが相場でしょうか。

これ、握手厨と言われる人がいるそうで、CDについている握手券だけGETして、まあまあいい値段で投票券だけ売りさばく人のことですね。

そうすると、安い値段で、大量の握手券が手に入り、推しのメンバーに何回も会うことができちゃったりするわけです。何回も会えば、「いっぱい投票したんだよね!」なんて嘘も言えちゃうわけですね。恐ろしい。

もちろん、みんながそうではないと思いますが…。

正直、お金の使い方としてはかしこいと思ったりします。自分だけ安くいい思いができるので。ただ、ファンの立場としては、推しメンが「上に上がりたい」と願う気持ちを裏切っているのではないかという罪悪感があります。(なんかうざい人みたいになってきた、私笑)

 

■SNSでの選挙活動も活発だったが、インスタは弱い

Twitterなどでは毎日のように推しメンの写真などをツイートしているアカウントも多いですし、決まった時間に決まったハッシュタグでつぶやいていることもありました。

今回でいえば、さや姉はTwitterのアカウントもあり、Google+もあり、755まであります。これ、運用超大変そうだなーって思います。

が、それぞれ「フォロワー」「ウォッチ数」などがあり、ここで他のメンバーに負けないよう、またファンが力を合わせて伸ばす活動をしていたりします。(すごい)

唯一、個人的にはインスタをやっていたので見てみましたが、やはりインスタで推しメンについて投稿している人は少なさそうですね。

逆に言うと、インスタならアジアなど他の国にもアピールしやすいので、使いようによっては海外票を集められると思うんですけどね。

 

 

■最後に思うこと

投票してみたものの、正直これが本当に結果に結びつくのか、結局やらせじゃないのか、事務所絡みあるだろうとか、スポンサーついてるだろうとか、色んな思いがありますが、彼女たちがこれに賭けていて、苦しいほどのプレッシャーを受けながら、一生懸命であるということがすごく伝わりました。

そりゃ、ファンだったら、お金払ってでも応援したくなる人もいるよね。という感じです。

個人的には、一度握手会でさや姉に会ってみたいとちょっと思っていることと、NMBはグループ内でもダンスで魅せるのが上手なグループだと思うので、ライブも行ってみたいと思うようになりました。

 

 

最後に、福山雅治さんが、カバーアルバムに入れたかったとラジオで話したNMB48のデビュー曲、「絶滅黒髪少女」をお届けします。

www.youtube.com

デビューでコレって、結構出来上がっててすごいな、って、改めて思います。

がんばれー!

 

 

 

 

おやすみなさい。

 

 

 

 

 

■おまけ・覚えた言葉たち

DD・・・だれでもだいすき

箱推し・・・グループ推し(誰が好きとかではなく、NMBが好きみたいな)

単推し・・・1人だけ推していること

握手厨・・・投票せず握手会にだけ参加する人(投票券をヤフオクで売る)

太ヲタ・・・1人で何百票と投票できる財力を持つ人

 

 

広告を非表示にする