読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

息子のつむじは左巻き。

ふと思ったことをただ残してるIT系企業で働くママのブログ。

働くママが出せる「数字」以外の成果って…?


 

f:id:yukixxx1226:20170212164020j:plain

 

子どもがいながら働く女性は、子どもがいる男性より仕事に色々支障が出ていることが多く、大変だなーと感じることが多いです。

私自身は、ある程度分担しつつも、基本的には平日はシングルマザー状態。と割り切って仕事をしています。(これはもう主人の仕事内容の性質上これ以上どうしようもないので折り合いをつけています。)

限られた時間の中で働くということは、絶対的に「時間」で他の人に敵うことはありません。また、子どもがいるということは急な子どもの病気で休まざるをえないことや、急な仕事の都合に対応できないこともデメリットとしてあげられます。

 

時短で働くママだからこそ、成果で貢献しよう。とずっと考えていましたが、現実問題目に見える数値に貢献できないことだってあるし、そもそもフルで働く人の方が成果を出してたりするもので、自己嫌悪に陥ります。

もちろん、「そもそも、時間分にカットされている訳だし、それに見合った報酬だ。」と割り切ることもできますが、では目に見える成果だけが成果なんだろうかと、ふと思いました。

 

目に見える成果にこだわりすぎるとギスギスする

目に見える成果、とは、ちょっとざっくりしていますが日々の自分の業務において求められている数値化された目標。というところでしょうか。売上、PV、●●数…など会社によって異なると思います。

これらの目標はもちろん大事ですが、時間や日々のスケジュールに融通の効かない働くママの場合はここだけを追っていても成果が出せずしんどくなってしまうことも多くあると思います。目に見える成果にこだわりすぎて、成果が出せない自分を苦しめていないかな、と。

そして、働くママは目に見える成果を出すために、とにかく時間の効率化をはかろうとします。その結果、「私は17時には帰らないといけないの!!!」とイライラしたり、周りの人に気が遣えなくなったりしてギスギスする雰囲気の元凶になってしまうのかもしれません…。

 

目に見えない(見づらい)成果って?

目に見えない成果って何か。それは普段の仕事をする態度にも表れるのではないかと思います。

「周りの雰囲気を明るくする存在」であること、「後輩から信頼をおかれている存在」であること…色々あるかと思います。別に働くママに関係なく、そもそも、人として評価されることも1つの成果だと思いたいのです。

人と人が仕事をするうえで、社内でのコミュニケーションが誰かのストレスになっていると、そのチームの生産性はやっぱり円滑に進むチームよりも落ちると思うんです。

だからこそ、そのチームの生産性に結果的に貢献できるような日々の仕事をする態度も、働くママにならできることではないかと思います。

特に、働くママにそういう存在が多くなるということは、まだ若い優秀な後輩が「長くその会社で勤めたい」というモチベーションにつながり、離職率を上げない要因になることもあります。そんな「素敵なママが多い」ということ自体、会社の採用力に貢献できることだってあります。

 

自分が出せる成果を前向きに考える

「数字に貢献していないし…、フルでバリバリ働ける若い子がいるほうがいいよね。」

 って結構誰でも抱える悩みだと思うんですが、ちょっとだけ前向きに考えてみてもいいのかなと思ったり。フルでバリバリ働ける若い女の子だって、いずれ結婚して出産するかもしれない。その度に辞めていくようでは、数年間くらいでメンバーがコロコロ入れ替わることになる。

働くママが子育てと仕事を両立するって本当に大変。でも、同様に妊活と仕事の両立だって、介護と仕事の両立だって、持病の治療と仕事の両立だって大変。

ただ、そういう「大変」な人の母数が増えているのは働くママなのではないかと思うので、その人達が会社によい影響を与える存在になれば、もっと多様な働き方や成果の出し方が認められていくのかな、と思ったりします。

逆に言うと、「目に見える"数字"だけが成果です」と思う経営者は、変に女性の活用とか考えずに正直に「成果を数字で証明できる人だけを採用します」って言ってほしい。

 

仕事での成長だけが人生じゃない

仕事で成長することはとても素晴らしいし、今でも仕事で成長していきたいとは思う。けど、人間の魅力って本当にそれだけじゃなくて、別の場所でいきいきしている人もいるってことを忘れないようにしたいなと。

最近ジムで知り合った何名かの友人は、仕事は正直「金のためにしかやってない」「仕事中なんか目が死んでるよね」みたいな感じらしいけど、ジムのプログラムでは本当に楽しそうだし、上手になっているし、キラキラしてる。

そんな場所が仕事以外でもどこかで見つかれば十分だし、子育て中のママは一旦はその子育ての時間を大事にゆるやかに生活するのも全然いい。

なんというか、自分自身が20代の頃は仕事で成長する!!みたいなタイプだったので、自分のためにも色々振り返りたいなーと思っています。

 

 

なんか真面目すぎたかもしれない。全然おもしろくない。笑

おやすみなさい。

 

photo 

ロイヤルミルクティーとiPhoneのフリー写真画像|GIRLY DROP

 

 

yukixxxxx.hatenablog.com

 

 

yukixxxxx.hatenablog.com

 

 

yukixxxxx.hatenablog.com

 

 

 

広告を非表示にする